2019ヒューロムスロージューサー【アドバンスド100】とっておきの情報!

遂に「HUROM | ヒューロム」のジューサーを買ってしまいました!

こんにちは、わたくし朝比奈と申します。

最近はジュースクレンズがとっても流行っていて、その勢いでスロージューサーも売れてるみたいですね。

そういう私も、遂に、遂に「HUROM | ヒューロム」のスロージューサーを買ってしまいましたよ!

今日は、そんなヒューロムスロージューサーの、とっておきの情報をお伝えしたいと思います。

高速ジューサーと低速(スロージューサー)との違い

ジューサーと一口に言っても大きく分けて、主に高速ジューサーとヒューロムに代表される低速ジューサー(スロージューサー)の2種類に分けられます。

高速ジューサーには、食材を加工する刃が付いていて、その刃が1分間に約8000~15000回転し、目にも留まらぬ速さで食材をすり潰し刻んでいきます。

高速ジューサーは、高速回転で素早く処理できるというメリットがあるのですが、その反面、どうしても高速回転する刃の摩擦熱で、野菜や果物の酵素や栄養素が壊れてしまうといった傾向があります。

しかも、ほうれん草や小松菜のような葉野菜と一緒に入れると、分離を起こして上部に浮いたりし、とても飲めた感じではありません。

さらに運転音もガー・ガー・ガーと、とってもうるさく、深夜などには使いづらいという欠点がありました。

一方、ヒューロムスロージューサーに代表される低速ジューサーは、高速ジューサーのような刃は付いてなく、代わりに石臼のようなスクリューが付いており、それが1分間に30~45回という非常に低速で回転します。

低速で回転する事で、ゆっくりと食材をすり潰すので、野菜や果物の酵素や栄養素を破壊することなくジュースに出来るのです。

皮のついたりんごやみかんなどの果物でも、皮と果汁部分が分離されて出てくるので、ジュースの中に繊維質が混じる事が無く、サラッとして飲みやすいのも特徴です。

葉野菜類もゆっくりすり潰す事で、しっかりとジュースに出来ます。

また、高速ジューサーと比べて騒音が小さいので、周りに気兼ねなく使える他、刃が付いていないのでお手入れなども簡単なのもメリットです。

新機種のヒューロムスロージューサー【アドバンスド100】

そんな “いいことづくめ” のスロージューサーですが、ヒューロムは数ある低速ジューサーの中でも高い人気を誇っているブランドなんですよ。

特許も取っている低速搾汁方式のジューサーは健康を大切にする世界中の人々から大・大・大人気!

この間もお昼にテレビを見てたら、「ヒルナンデス!」で、ヒューロムのスロージューサーがとっても美味しいコールドプレスジュースを作るって紹介されてましたね。

そしてシリーズ累計8,500,000台突破のスロージューサーのメーカーとして世界シェアNo.1のヒューロム社よりついに新モデルが登場!

【H-AA】の後継モデルとして【アドバンスド100】が追加されました。

ヒューロムのスロージューサーのこのモデルは、今までのスロージューサーの常識が覆されたジューサーです♪

まずは見た目が今までにないスタイリッシュなフォルムと高級感漂うカラーと、ジュースバーを彷彿させるトレイが付き。

新機種での洗浄になれるともう他には戻れない!!

自慢のキッチン家電の主役に躍り出るはずですよ!


■口コミ

ヒューロムスロージューサー 口コミ
※出典:【楽天市場】\2018年最新モデル/総合ランキング1位獲得! ヒューロムスロージューサー アドバンスド100
※口コミはあくまで個人の感想ですので、使用感や効果には個人差があります。


では、ヒューロムスロージューサー【アドバンスド100】の評判はというと、いったいどのような感じでしょうか?

最新の口コミをご紹介しますので、どうぞ皆さんも参考にしてください。


 uchan7676さん 50代 女性

新型と安くなった旧型と迷いましたが、手入れがしやすくなったと書いてあったので、毎日使用したいのでこちらに…音も静かで手入れが本当に楽!
ジュースも凄く美味しいです!
新型にして良かったです。
ただ…デカイ!インテリアのひとつとして常置します。


 くいしんぼうみんとさん 20代 男性

初めてのスロージューサー

以前からスロージューサーに興味はあったのですが、手入れが面倒くさそうだったので、手を出せずにいました。
他のものを使ったことが無いので相対的には分かりませんが、この商品だけ観ても使いやすいと思います。
外観→サイズはそれなりにあるので存在感はあるが、スリムなデザインなのでキッチンに出したままでもごちゃつき感は無い。
使用感(とりあえず、にんじん1本で試作)→静か。材料を用意し、ジュースになるまでの時間は5分程度。今回のにんじんは1本で150ml程度とれた。
味→にんじんの匂いが強く出る。匂いから飲みづらいかと思ったが、想像していたより甘いので自分は美味しく飲めた。(家族には不評)
手入れ→絞りかすが残るような部分が無いので、洗いやすく、衛生的に良いと思う。ざっと水で流してからスポンジで洗ったが、5~10分くらいかかった。
総合的に、ストレスの少ない商品なので、面倒くさがりの自分でも毎日使用できそうです。


 購入者さん

やっと!

長年高速ジューサーを愛用してきました。お手入れが大変な低速ジューサーを諦めておりました。
しかし新商品がなんだか洗いやすそうで買ってみました!!
かんたんです。ごしごししなくていいです!しっかり絞れて甘くてサラサラです。
重たいので毎日片づけるのは諦めましたけどかっこいいので◎


早くもこんなにも評判がいいヒューロムのスロージューサー【アドバンスド100】ですが、どうせ買うならお得に買いたいものですよね。

でもその前に、機械はどうしても壊れる可能性がありますので、しっかり保証を考える必要があります。

スロージューサーの日本での修理やメンテナンスを請け負っている、『ピカイチ野菜くん』というショップから購入すると、製品の5年保証を受けることが出来るのです。

通常、保証は1年ですので、この『5年保証』はかなり大きいですよ。

だいたいこういった電化製品は、2年目あたりで壊れたりするんですよね!

5年保証という長い保証期間を実現できたのは、製造元のヒューロムから唯一認定を受けた、メンテナンスセンターで専属のスタッフが行うからこそ、実現可能になっているんです。

このメンテナンスセンターには、スロージューサーの修理に長けた専門のスタッフが常駐していて、ジューサーの細部に至るまで細かく点検・整備を行っています。

そして次に特典!……も付いてきますよ。

いまなら、無農薬野菜のセットににんじんと酵素の本に加えレシピ本までも!

また、期間限定でスロージューサーを洗った後にドラムを乾燥出来るスタンドまでが付いてきます。

このスタンドは、洗った後のドラムをコンパクトに収納しつつ乾燥出来るスタンドで、洗った後でも場所を取らずにスマートに収納出来るので、とっても便利です。

さあ、ここまでのサービスを受けて、ヒューロムスロージューサーが買える所は他にはありません!

やっぱり『ピカイチ野菜くん』で買って大正解でしたよ♪

……ヒューロムはクビンスのスロージューサーでつくるより全然、味が美味しいですしね!!


購入サイト

ヒューロムスロージューサー【アドバンスド100】の購入サイト『ピカイチ野菜くん』はコチラ

ヒューロムスロージューサー【H-AA】

【アドバンスド100】の旧モデルが【H-AA】です。

ずっと人気だった【H2H】の後継モデルと登場したのですが、値段が安いこともあって、こちらもいまだ人気の機種ですのでご紹介させていただきますね。


■【H2H】より3割スリムになって軽くなった!

まず【H2H】からの一番の改良点が重量です!

一般的にスロージューサーは重いので、お子さんやお年寄りが持ち上げて使うのは大変でした。

しかし旧モデルの【H-AA】は、モーターなどの改良によって3割ものスリム化に成功。

それにより重量は約4.8kgとなり、今までとは相当な軽量を実現ました。


■モーターが大幅に変更され音がさらに静かになった!

モーターが改良された事で駆動音が小さくなり、深夜や早朝などでも駆動音を気にする事なく使えるようになりました。


■フローズンシャーベットが作れるようになった!

また、今までヒューロムのスロージューサーには、ジュースストレーナー、フルーツストレーナーしか用意されていませんでした。

でも【H-AA】からは、フローズンストレーナー追加されたので、冷凍フルーツや冷凍ジュースを使って簡単にフローズンシャーベットなどのデザートを作る事が出来るようになりましたよ。

こらから迎える夏、子供たちを含め、私も大喜びです♪


■回転ブラシの回転速度が半分以下になった!

スロージューサーはもともと低速回転ですが、【H-AA】は回転数自体は変わらないものの、回転ブラシの回転速度が半分になったんです。

それにより、更に滑らかな上質なジュースを作れるようになりました。


■スクリューの形が変わり食材が入りやすくなった!】

さらにスクリューも改良されましたよ。

食材がスイスイと入るようになり、ストレス無く食材をジュースにする事が出来るようになりました。


■最新の技術!アルファードラムが採用された!

ジューサーは毎日、人によっては一日に何回も使う人もいます。

そうした場合、お手入れがしにくいと、片付けの手間が増えてしまいます。

でも、旧型モデルの【H-AA】ではドラムの形状や構造が変わり、アルファードラムが採用されました。

繊維の排出口が上部に開くようになり、繊維を取り出しやすくなって、よりお手入れがしやすくなった他、本体との接合部分が強化され耐久性もアップしました。


■投入口が半透明になって食材の入るところがわかりやすくなった!

実際の性能にはあまり影響はありませんが、【H-AA】は若干のデザインの変更が施されました。

投入口が半透明になったのです。

食材が入っていく所が分かるようになり、見ていても楽しいですし、もし詰まった場合でもどこで詰まっているのかすぐに分かるようになりましたよ。


■カラーはホワイトとフェラーリレッド!

カラーバリエーションも清潔感があって人気もあった、ホワイトに加えて、シックで高級感のあるフェラーリレッドが追加されて2色から選べるようになりました。

ちなみに私は“フェラーリレッド”です!


【ヒューロムスロージューサー【H-AA】でニンジンを搾ってみました】

ヒューロムスロージューサー【H-AA】はスムージーが作れる!

それからヒューロムスロージューサー【H-AA】には、たくさんのアイテムが付属していますが、その中でも私のお気に入りが、スムージーを作る際に役立つスムージーストレーナーなんです。

このスムージーストレーナーを使用すれば、果肉が柔らかな果物や繊維の多い野菜でも、簡単にスムージーにする事が出来るというわけ。

だから、これまでスムージーには不向きとされていた果物や野菜を使う事が出来るようになったので、さらにレシピのバリエーションが広がりますよ。

しかも、使い方も簡単なのがヒューロムスロージューサー【H-AA】の特徴です。

まず本体のフルーツストレーナーを、スムージーストレーナーにチェンジします。

続いて、スムージーの材料を加えていき、付属の押し棒で押し込んでいきます。

この時、同じ材料ばかりを一度に加えるのではなく、材料を交互に投入していく事で、よく混ざり合います。

しかも投入口は半透明になっており、とても見やすいので、材料を詰まらせてしまう心配もありませんし、混ざり具合を確認しながら投入できます。

そうして出来上がったスムージーをグラスに注げば、完成です。

これなら、誰でも簡単に様々なレシピのスムージーを作る事が出来ますよ。

また、ヒューロムスロージューサー【H-AA】は旧型の【H2H】のものより、スクリューが進化ています。

それにより、果物や野菜がどんどんと絞られていくんです。

その為、果物や野菜によっては、押し棒で押す必要がないほどです。

これだけのパワーがありながらも、栄養素を壊さないというのが、ヒューロムスロージューサー【H-AA】の大きな魅力ですね。

進化したスクリューの回転数は1分につき43回転から48回転となっていますが、回転ブラシは1分につき17回転となっています。

こうしたスクリューと回転ブラシの組み合わせが、まるで石臼のように食材から水分を絞り出してくれるのです。


■スムージーを上手に作るコツ!

ヒューロムスロージューサーのスムージーストレーナーを使えば、誰でも失敗せず、上手にスムージーが作れるかというと、そこには多少のコツがあるんですね。

そのコツと言うのが、果物や野菜といったスムージーにしたい材料を投入していく順番です。

どうせ全てヒューロムスロージューサーの中で混ざってしまうのだから、どんな順番で入れても問題ないと考えていませんか?

それでは、口当たりのなめらかな美味しいスムージーを作る事が出来ませんよ。

そのため、事前に果物や野菜を入れていく順番をきちんと決めておく事が大切です。

この順番とは、柔らかいものから硬いものという流れで決めていきましょう。

先に硬いものを加えてしまうと、繊維が詰まってしまう可能性があります。

しかし、先に柔らかいものを入れておくと、繊維をしっかりと押し出してくれるという仕組みです。

その為、スムージーにする材料が決まったら、柔らかいものから硬いものという順番で加えていくのが、上手に作るコツと言えます。

例えば、小松菜、リンゴ、バナナ、レモンといった材料で、グリーンスムージーをヒューロムスロージューサーで作るとしましょう。

この場合、最も柔らかいのは葉物野菜である小松菜です。

そこで、小松菜を最初に、バナナ、リンゴ、レモンといった順番で投入して行きましょう。

そうすれば、ドロドロとしたグリーンスムージーではなく、なめらかな舌触りのグリーンスムージーが完成します。

これなら、グリーンスムージーが苦手という方でも、美味しく味わえますよ。


【ヒューロムスロージューサー【H-AA】でスムージーを作る!】

おすすめ購入サイト

ヒューロムスロージューサーのおすすめ購入サイト『ピカイチ野菜くん』はコチラ



■LINK■