ヒューロムスロージューサーH-AAはココで買って大正解でしたよ♪

NEWモデル【ヒューロムスロージューサーH-AA】の、とっておきの情報

こんにちは、ヘルスケア情報を発信しているレコメンドスタイルの朝比奈です。

ジュースクレンズが流行って、その勢いでスロージューサーも売れてる昨今ですね。

そういう私も、遂に「HUROM | ヒューロム」のジューサーを買ってしまいました!!

今日は、そんなヒューロムの中でも一番人気があるNEWモデル『スロージューサーH-AA』の、とっておきの情報をお伝えしたいと思います。

高速ジューサーと低速ジューサの違い

ジューサーと一口に言っても大きく分けて、主に高速ジューサーとヒューロムに代表される低速ジューサーの2種類に分けられます。

高速ジューサーには、食材を加工する刃が付いていて、その刃が1分間に約8000~15000回転し、目にも留まらぬ速さで食材をすり潰し刻んでいきます。

高速ジューサーは、高速回転で素早く処理できるというメリットがあるのですが、その反面、どうしても高速回転する刃の摩擦熱で、野菜や果物の酵素や栄養素が壊れてしまうといった傾向があります。

しかも、ほうれん草や小松菜のような葉野菜と一緒に入れると、分離を起こして上部に浮いたりし、とても飲めた感じではありません。

さらに運転音もガー・ガー・ガーと、とってもうるさく、深夜などには使いづらいという欠点がありました。

一方、ヒューロムスロージューサーに代表される低速ジューサーは、高速ジューサーのような刃は付いてなく、代わりに石臼のようなスクリューが付いており、それが1分間に30~45回という非常に低速で回転します。

低速で回転する事で、ゆっくりと食材をすり潰すので、野菜や果物の酵素や栄養素を破壊することなくジュースに出来るのです。

皮のついたりんごやみかんなどの果物でも、皮と果汁部分が分離されて出てくるので、ジュースの中に繊維質が混じる事が無く、サラッとして飲みやすいのも特徴です。

葉野菜類もゆっくりすり潰す事で、しっかりとジュースに出来ます。

また、高速ジューサーと比べて騒音が小さいので、周りに気兼ねなく使える他、刃が付いていないのでお手入れなども簡単なのもメリットです。

2016年モデルのヒューロムスロージューサーH-AA

そんな“いいことづくめ”の低速ジューサーですが、ヒューロムは数ある低速ジューサーの中でも高い人気を誇っているブランドなんですよ。

特許も取っている低速搾汁方式のジューサーは健康を大切にする世界中の人々から大・大・大人気で、販売累計は、なっ、なんと770万台を突破したんだそうです。

この間もお昼にテレビを見てたら、「ヒルナンデス!」で、ヒューロムスロージューサーがとっても美味しいコールドプレスジュースを作るって紹介されてましたね。

そして、こんなにも売れてて大評判のスロージューサーに遂にNEWモデル【H-AA】…が追加されたんです。

とにかくうれしい改良がいっぱい加わったので、ご紹介させていただきますね。


■3割スリムになって軽くなった!

まず一番の改良点が、重量です!

一般的にスロージューサーは重いので、お子さんやお年寄りが持ち上げて使うのは大変でした。

しかし最新モデルの【H-AA】は、モーターなどの改良によって3割ものスリム化に成功。

それにより重量は約4.8kgとなり、今までとは相当な軽量を実現ました。


■モーターが大幅に変更され音がさらに静かになった!

モーターが改良された事で駆動音が小さくなり、深夜や早朝などでも駆動音を気にする事なく使えるようになりました。


■フローズンシャーベットが作れるようになった!

また、今までヒューロムのスロージューサーには、ジュースストレーナー、フルーツストレーナーしか用意されていませんでした。

でも、今回の最新モデルの【H-AA】からは、フローズンストレーナー追加されたので、冷凍フルーツや冷凍ジュースを使って簡単にフローズンシャーベットなどのデザートを作る事が出来るようになりましたよ。

こらから迎える夏、子供たちを含め、私も大喜びです♪


■回転ブラシの回転速度が半分以下になった!

スロージューサーはもともと低速回転ですが、H-AAは回転数自体は変わらないものの、回転ブラシの回転速度が半分になったんです。

それにより、更に滑らかな上質なジュースを作れるようになりました。


■スクリューの形が変わり食材が入りやすくなった!】

さらにスクリューも改良されましたよ。

食材がスイスイと入るようになり、ストレス無く食材をジュースにする事が出来るようになりました。


■最新の技術!アルファードラムが採用された!

ジューサーは毎日、人によっては一日に何回も使う人もいます。

そうした場合、お手入れがしにくいと、片付けの手間が増えてしまいます。

でも、最新モデルのH-AAではドラムの形状や構造が変わり、アルファードラムが採用されました。

繊維の排出口が上部に開くようになり、繊維を取り出しやすくなって、よりお手入れがしやすくなった他、本体との接合部分が強化され耐久性もアップしました。


■投入口が半透明になって食材の入るところがわかりやすくなった!

実際の性能にはあまり影響はありませんが、今回のH-AAは若干のデザインの変更が施されました。

投入口が半透明になったのです。

食材が入っていく所が分かるようになり、見ていても楽しいですし、もし詰まった場合でもどこで詰まっているのかすぐに分かるようになりましたよ。


■カラーはホワイトとフェラーリレッド!

カラーバリエーションも清潔感があって人気もあった、ホワイトに加えて、シックで高級感のあるフェラーリレッドが追加されて2色から選べるようになりました。

ちなみに私は“フェラーリレッド”です!

【新モデル ヒューロムスロージューサーH-AAでニンジンを搾ってみました】

【HOW TO ヒューロムスロージューサーH-AA~スムージーストレーナー編】

ヒューロムスロージューサーH-AAをお得に購入!

こうして数多くの改良が行われたヒューロムのスロージューサー H-AAですが、どうせ買うならお得に買いたいものですね。

でもその前に、機械はどうしても壊れる可能性がありますので、しっかり保証を考える必要があります。

スロージューサーの日本での修理やメンテナンスを請け負っている、『ピカイチ野菜くん』というショップから購入すると、製品の5年保証を受けることが出来るんです。

通常、保証は1年ですので、この『5年保証』はかなり大きいです。

だいたいこういった電化製品は、2年目あたりで壊れたりするんですよね!

5年保証という長い保証期間を実現できたのは、製造元のヒューロムから唯一認定を受けた、メンテナンスセンターで専属のスタッフが行うからこそ、実現可能になっているんです。

このメンテナンスセンターには、スロージューサーの修理に長けた専門のスタッフが常駐していて、ジューサーの細部に至るまで細かく点検・整備を行っています。

そして次に特典!……も付いてきますよ。

いまなら、無農薬野菜のセットにんじんと酵素の本に加えレシピ本までも!

また、期間限定でスロージューサーを洗った後にドラムを乾燥出来るスタンドまでが付いてきます。

このスタンドは、洗った後のドラムをコンパクトに収納しつつ乾燥出来るスタンドで、洗った後でも場所を取らずにスマートに収納出来るので、とっても便利です。

さあ、ここまでのサービスを受けて、ヒューロムスロージューサーH-AAが買える所は他にはありません!

やっぱり『ピカイチ野菜くん』で買って大正解でしたよ♪

……クビンスなんかより全然、味が美味しいですしね!!

ヒューロムスロージューサーH-AA【ピカイチ野菜くん】通販サイトはコチラです!

■LINK
  • HUROM | ヒューロム
    世界で初めてスロージューサーを開発したヒューロム株式会社のホームページ。特許取得の低速搾汁方式により、野菜や果物の栄養をまるごとジュースに。ヒューロムスロージューサーは健康を大切にする世界中の人々に愛されています。
  • ヒューロムスロージューサー
    私が依頼してるイラストレーターが昨年作ったヒューロムスロージューサーh2hに関するサイトです。h2hの良さをくまなくご紹介してました。
  • コールドプレスジューサー|おすすめベスト3
    コールドプレスジュースを簡単に作ることができる『コールドプレスジューサー』の “おすすめベスト3” をご紹介。